板金塗装でムラができる原因と対策について

 

板金塗装をする場合、色ムラが出ないか心配ではないでしょうか。
せっかく塗装をするなら、綺麗に仕上げたいですよね。
そこでこの記事では、板金塗装でムラができる原因と対策をご紹介していきます。

▼板金塗装でムラができる原因と対策
■色ムラができる原因
板金塗装で色ムラができる原因は、大きく分けて以下の3つです。

・スプレーをしている距離が一定でないとムラになる
・吹きかける間隔がずれてラインが大雑把になると、線ができてムラとなってしまう
・歪などの平面でない部分に塗装をする場合、色ムラが発生しやすい

特にメタリックやパールなどは粒があるので、より色ムラができやすいと言えます。

■対策
色ムラの対策は、塗る速度や塗り方などを統一することです。
どの面も同じように塗ることができれば、ムラが発生するリスクを最小限にできます。

もし横に線ができてしまった場合は、縦に塗っていくとムラを目立たなくできます。
塗った後にムラが気になる場合は、最後に全体に吹きかけて仕上げるのがおすすめです。
そうすることで、均一な層ができやすくなります。

▼まとめ
板金塗装でムラになるのは、塗る速度や塗り方を統一していないことが原因です。
色ムラをつくらないためには、どの面も同じ塗り方を心がけてみましょう。

万が一ムラになっても、対策を講じることで目立たなくなりますよ。
弊社は難しい箇所や色を、色ムラなく塗装することができます。
愛車にこだわりを持っている方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

TOP
Mail