事故車の修理と買い替えの判断基準

 

車で事故を起こしてしまった場合、修理すべきか買い替えるか迷いますよね。
もしこういった状況になったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。
そこで本記事では、事故車の修理と買い替えの判断基準について分かりやすく紹介いたします。

▼事故車の修理と買い替えの判断基準
■修理費用を補償できるか
事故が起きた際の過失が相手側にある場合は、全額修理費用を補償できることがあります。
もし事故を起こしたときに修理費用が補償できる可能性があれば、修理業者に依頼すると良いでしょう。
ただし相手側に過失があったとしても、必ず全額補償できるというわけではないので注意が必要です。

■修理の度合い
もし事故車が明らかに乗車できないくらい破損していれば、修理費用が高く付いてしまうでしょう。
修理可能な範囲で破損をしている場合は、修理業者に依頼してみてもらうと良いです。

■車の形式や走行距離
破損の少ない事故車でも車の形式が古かったり走行距離が長い場合は、買い替えの方がお得になりやすいです。
そういった車はパーツの手配に時間がかかったり、修理期間や費用が高くなったりすることがあります。
それでも大切に乗っていきたいという場合は、技術力やスピードに定評のある修理業者へ依頼しましょう。

▼まとめ
事故車の修理と買い替えの判断基準は、以下の通りです。

・修理費用を請求できるか
・修理の度合い
・車の形式や走行距離

これらのことを踏まえたうえで、業者に依頼することをおすすめします。
事故車の修理業者選びに迷っている方は、ぜひ【株式会社Auto repair PENGUIN】にお任せください。
大切な愛車にあの頃の輝きを取り戻します。

TOP
Mail